シリンダーヘッド 組み付け

[シリンダーヘッドオーバーホール]   カーメンテ・DIY改造 TOP

シリンダーヘッドの組み付けです

シリンダーヘッドのオーバーホールも、ようやく最後のステップです。
必要な部品を洗浄し、シリンダーヘッドに組み付け、車体に載せます。

必要に応じて部品を交換し、丁寧に組みつけていけば、190E は期待を上回るパフォーマンスを見せてくれる …はずです。




こまごました部品を、とにかくきれいにします

これはインジャクター

びっしりとカーボンで覆われています。



清掃後」です。

黒い「わっか」状のものはインジェクターパッキンです。
あまりにも硬化が進んでいたため、最初はプラスチックかと思いました

パッキンは要交換部品ですが、カチカチになっていて、どうにもインジェクターと分離できません。

仕方ないので、結局ニッパーで「切って」外しました。



インテークマニホールドです。

組み付け後はエアクリーナーの下に隠れますが、中も外もきれいにします。



ぴかぴかになりました。


一つ一つのパーツを綺麗に洗浄することにより、組み付け時のゴミの付着や埃の侵入を防ぎます。

これも「整備」のひとつです。




エアフローセンサースロットルボディインテークマニホールドの集合部を仮組してみたところです。




インテークマニホールドやインジェクターも組んでみました。

この状態で、各パーツやボルト、フューエルラインやバキュームラインの接続を、頭の中で反芻します。


ここまでやっておくと、実際に車両に組み付けるときに、あまり悩まなくて済みます。



エキゾーストマニホールド」です。


マスキングしているのは・・・



このように耐熱塗料を塗ろうと思ったからです。


白茶けたエキマニが、艶消しブラックで引き締まりました。



タペットカバーの裏側は、半ば炭化したエンジンオイルに覆われていました。


ドリルとステンレスブラシの組み合わせで綺麗にしていきます。



中だけでなく、塗装をして外もきれいにします。


画像にはありませんが、古い塗装を、剥離剤を使ってはがした後に塗っています。



さて、拳銃の薬きょうみたいな形状ですが、これは何でしょう?

正解はバルブリフターです。

油圧を利用して、バルブクリアランスを常に一定に保つための部品です。

ロッカーアームの先端の、バルブスプリングを押す部分にはまっています。

ここまでする必要は無いと思いますが、今回はリフター内部の古いオイルを排出し、新油で満たすことにしました。



リフター内部に球状のボールバルブがあります。
これがリフター内部にオイルを閉じ込めています。

ボールを針金等で押し下げると、内部のオイルまで排出することができます。

ここまで踏み込まない場合は、最初からリフターに触らずに、できればオイルの中に漬けておきましょう。



オイル室に新しいオイルを充填し、空気の噛み込みが無いことを確認したら

バルブリフターをロッカーアームに取り付けます。



その他もろもろの部品も、同じように洗浄し、どんどん組み上げていきます。

シリンダーヘッドカムシャフトロッカーアームチェーンガイドチェーンテンショナー等を取り付けると、写真のようになります。

分解時とは違って、洗浄後の金属地肌が綺麗な銀色になっています。

ねじ山の状態を確認し、"かじり"防止ペーストを使用しながら、適宜トルク管理をして組んでいきましょう。

また、始動時の初期潤滑のために、カム等にはオイルを注しておきます


この時点で、クランク軸にレンチを掛けて、ゆっくりと廻してみます。
カムの取り付け等に間違いが無いことを確認するためです。


バルブスプリングの抵抗の具合を感じながら、ロッカーアームの動きを確認し、カムがスムーズに廻ることを確認しましょう。



ちょうど良い機会なので、ヒーターコアとシリンダーヘッドを繋ぐクーラントホースを交換します。

写真はホースの使用前・使用後です。

左が使用後です。ホースクランプの跡がくっきり付いています。



ホースをシリンダーヘッドへ固定する取り付けナットも交換です。

写真が白く飛んでいてわかりにくいですが、かなり腐食していました。

左が使用後、右が使用前です。
写真後方のインテークマニホールド取付け面右端に取り付けます。



再びどんどん組み上げていきます。

エキゾーストマニホールドインテークマニホールドメインハーネスオルタネーターラジエーターなどなどなど・・・

組み上げたあとは、エンジンオイル、クーラントを補充します。
ATは触っていないのですが、ラジエーターとATFラインを分離する際に、ATFが少し漏れてしまうので、これも補充して適正な量にしておきます。

バッテリーをつないだあとは、あえて一旦休憩をとり、コーヒーでも飲みながら、電気系統の結線、ボルトの締め忘れが無いかどうかをよーく確認します。


これでようやく、エンジンに再び火を入れることができます。
通常の始動とは異なり、長い時間セルを廻すことになるので、バッテリーのご機嫌を取りながらセルを廻します。

最初はアイドリングが落ち着かずにあせりましたが、そのうちに落ち着いて回転を始めました。 ついに 完成です!



 試乗後の感想

特別なチューニングをしたわけではなく、ただカーボンを落として、バルブのすり合せをしただけですが、はっきりと判るほど加速感が向上しました

アクセルを踏み始めたときの出足が、格段に良くなっています。
エンジンのホイールマスを感じさせながらも、ストレス無く、スムーズに吹け上がり、乗っていて楽しさを感じます

これが本来の性能というものなのでしょう。
今までは「国産車とは設計思想が違うし、そもそも二速発進なのだから・・・」と、自分を無理に納得させていましたが、これからはその必要はなさそうです。

また、寿命が近づいていたヘッドガスケットやバルブシールを交換することができ、安心して乗ることができます。

かなりの手間が掛かりましたが、少なからずの収穫を得ることができました。
そして何よりも… 「無事に終わって良かった…」 デス。


何しろ、エンジンを開けるのは、初めての経験(挑戦)でしたから・・・



[シリンダーヘッド オーバーホール]
カーメンテ・DIY改造 TOP
2012年10月3日