bB改造パーツ
エアフィルター アーシングキット マフラー スパークプラグ プラグコード バッテリー エアロパーツ他
トヨタ・bB

「まったり」という言葉が、まさか自動車に使われるとは思わなかった「bB」
「トヨタ・bB」 用 改造パーツ


はてなブックマークに登録   Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
bB改造パーツ バナー


「トヨタ・bB」 について

「初代bB」 と
「2代目bB」

「四角」から「丸へ」

bBは「改造済み」

・・など

 「トヨタ・bB」は、「初代bB」の時点で、若者にターゲットを絞ったスタイルコンシャスな車という位置付けでありましたが、「新型bB」となり、「若者以外は乗れない」ような、極度に顧客ターゲットを絞り込んだ車両として再登場しました。

一昔前までは、「若者向けの車」と言えば「スポーティーさを感じさせる外観」が重要視されていました。
自動車というものが、「箱型のデザイン」で構成されていた時代は、フロントとリアのウインドウが斜めに寝かされているというだけで、それは「流麗なクーペスタイル」として「若者の羨望の的」となったものです。
空気抵抗の少なそうなデザインが、そのまま「若者に受けそうなデザイン」と成り得た時代というものでした。
そうこうしているうちに、時代は移り変わり、技術も人々の嗜好も、大きく変化してゆきます。

自動車の鋼板材やプレス技術の革新によって、複雑な三次元曲面や角度の立ったリブ状の成型が、難なくこなせるようになってしまった現在では、丸っこい自動車デザインも、珍しいものではなく、むしろ見慣れたものとなってしまいました。
そして、「トヨタ・bB」や「日産・キューブ」など、四角いデザインを強調し、居住性を高めた車も、一つの価値として若者に支持されるようになってきました。

「丸いデザインの自動車」を造ることの難しさが薄れてくると共に、「四角いデザインの自動車」が人気を博するようになるというのは、少し皮肉のようではありますが、「モノづくり」やマーケティングの難しさを、改めて感じさせられるところです。


 「新型bB」をためすがえす眺めていると、トヨタは『あらかじめ改造済み』の車を造ろうとしたのではないか? と、感じさせられます。
特徴的な独自のオーディオ構成にしろ、「他の車とは違うんです」とでも言いたげな「ワル風」の外観にしろ、眺めていると、トヨタの「後付けスポイラーなんて、いりませんよー。」、「オーディオも、最初から凝ったもの付けときましたー。」という声が聞こえてきそうです。

しかし一方で、ユーザーが楽しむ「改造」というのは、「改造のプロセスを楽しむ」という側面もあります。
また、「純正とは異なる」、「他のbBとは違う」というようなことも、オーナーにとっては重要な要素となりえます。
ユーザーが購入後に行うことを、メーカーが事前に実施・対策することは、上手にやると販売台数へ寄与するのですが、ツボを外してやりすぎると「よけいなお世話」として敬遠されてしまうこともあり、難しいところです。





「トヨタ・bB」 ・・・のあれこれ
TOYOTA・bB

「トヨタ・bB」のオフィシャル情報
Drive Your Dreams.世界のTOYOTA、「bB」を世に送り出したトヨタのオフィシャルサイトです。
モデルチェンジやマイナーチェンジなどの新型情報や、カタログ請求などはこちらでどうぞ。

みんカラ・bB

「トヨタ・bB」の改造・カスタムパーツ・ドレスアップなどのコミュニティ
carviewの「みんカラ」、bBのページです。
整備手帳のページやパーツレビューのページは、DIY改造・ドレスアップ初心者の、強い味方になります。
パーツ交換の手順確認やトラブル防止にも使えます。(中古車査定や自動車保険、新車無料見積りやカーローン(自動車ローン)など、カーライフに関するお役立ち情報は、ページ最下部にリンク有)

Goo-net

「トヨタ・bB」のモデルチェンジ・マイナーチェンジ・グレードの情報
Goo-netの自動車カタログページなのですが、発売年度ごとにグレードを分け、まとめて1ページに表示させているため、モデルチェンジやマイナーチェンジの変遷が判りやすくなっています。
より細かい情報は、各グレードのページで見ることができ、現行モデルに関しては、無料見積りができるようになっています。

カーセンサー

「トヨタ・bB」の中古車情報
カーセンサーによる自動車カタログのページです。
現時点での「bB」の中古車相場がわかるようになっており、さまざまな項目を指定可能な、中古車検索システムが特色です。

Wikipedia

「トヨタ・bB」の歴史、CM、ウンチクなどの情報
ウィキペディアによる解説ページです。
一般的な「bB」に関する説明もありますが、「ダイハツ・クー」や、北米市場での「サイオンxB」に関しても言及しています。 「bBという車両名称は、なぜ大文字と小文字の組み合わせなのか?」と、いうことにも触れられており、良く記載されています。





「トヨタ・bB」の評価・試乗インプレッション
All About All Aboutの新車紹介レポートです。(新型bB・QNC型)
All Aboutの解説は、自動車ポータルサイトのそれよりも、少々個性的で面白いものが多いです。しがらみが少ないせいでしょうか・・・。
ちなみにレポートしているのは、かの「国沢 光宏」さんなので、いわゆる「クニちゃん節」が全開です。
マッタリモードに対するコメントや、パッソ・ブーンのシャーシをなぜ使用しているのか?など、国内有数の大企業に対し、恐れを知らないコメントは、笑いを混ぜ込みながらも、絶妙のストライク発言です。
最後に、グレード選びガイドを展開していますが
「そんなこと書いたら、頑張って開発した人が泣いちゃうよ・・・」
・・と、心配したくなるような、本質を突いた評価をくだしています。
「クニサワ」・・・恐るべし。
autobytel
autobytelの、「新型bB」試乗インプレッションです。(QNC型)
限られた文字数の中で表現しました…という印象が否めませんが、これは致し方ないでしょう。
坦々と記述されたレビューは、上記の「クニサワさん」のそれとは、かなり対照的ですが、これもいたし方ありません。
「bB」を、普通に試乗インプレッションすると、こうなるのかもしれません。
carview

新型bB

bB・オープンデッキ
carviewによる、試乗インプレッションです。(新型bB・QNC型、及びbBオープンデッキ)
丁寧に撮影されてた画像は、壁紙にしたいほどの美しさです。
光の反射やコントラストがよく計算されていて、プロの仕事を感じさせます。
一方の文章の方は、拍子抜けするほど柔らかくて、「素人が自分のブログで書いているみたい」です。
最後は、「・・・が、新型「bB」のすごいところみたい。」 と、とても曖昧に締めくくっています。
こんなのも、アリなんですね。・・最近は。
(「bBオープンデッキ」の方は、いたって普通のレポートです。)
Car@nifty Car@niftyによる「新型bB」試乗インプレッションです。(QNC型)
普通に書いています。
悪く言うと、面白みがないというか、伝わってくるものがないと、言うこともできますが
忘れられがちな、実用面に対する記述があって、ホッとします。
bBオーナー
carviewによる、「bBオーナー」のインプレッションです。
実際のオーナーがレビューを投稿しており、さまざまな視点からの意見を見ることができます。
辛口意見からベタ褒めまで、さまざまな評価があり、多数の投稿があります。
ユーザー毎の平均燃費が確認できるのも、ありがたいところ。


トヨタ・bB(旧型)

■  このサイトについて  ■

「トヨタ・bB」に適合する、改造パーツを掲載しています。
( NCP30/31/34/35 QNC20/21/25等 )

「エアロパーツ 他」のページでは、bB用の改造
ドレスアップ・カスタムパーツを掲載しています。テールラン
プ(クリアテール)やアイライン、内装パネルなどのドレスア
ップパーツ。ブレーキやサスペンション、車高調整キットなど
の、足周りパーツ。フロントグリルやサイドステップ、スポイ
ラーやウイングなどのエアロパーツ。その他に電子パーツやト
ヨタ純正部品、バイザーなどです

リンク・連絡・DIYカスタム時のご注意などについて

モビリオ(スパイク)      カローラルミオン      キューブ(キュービック)