セルボ改造パーツ
エアフィルター アーシングキット マフラー スパークプラグ プラグコード バッテリー エアロパーツ他
スズキ・セルボ

初代セルボを髣髴させる、スタイリッシュな5代目セルボ
「スズキ・セルボ」 改造パーツ


はてなブックマークに登録   Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
セルボ改造パーツ バナー


「スズキ・セルボ」 について

「セルボ」のはじまり

歴代の「セルボ」

「セルボ」の統廃合
と「復活」

これからも
末永く…

・・など

「スズキ・セルボ」は、もともと軽自動車としては異彩を放った「特別」な車でありました。
初代モデルであるSS20型は、2サイクルエンジンを車体後部に搭載した後輪駆動車であり、スポーツカー並みの車高の低さとドライビングポジション、そして流麗なスタイリングで見るものを釘付けにしました。
現在においても愛好者が存在し、レストアした車両が取引されるところなどから見ても、初代セルボが、70年代における名車の一つであったことをひしひしと感じさせます。

二代目のセルボ(SS40型)は車両部品の共用化が進み、また、エンジンレイアウトもFFという一般的な形となり、スペシャリティ度はいくぶん薄れましたが、なだらかなクーペスタイルは健在でありました。

その後、極太のCピラーが個性的な3代目(CG72V/CH72V型)を経て、クーペボディからハッチバックへと移行した4代目の「セルボモード」が発売されますが、いささか「アルト」との差別化が図りづらくなってきたのか、98年の時点でいったんセルボの歴史が途絶えてしまいます。

その後、8年の歳月を経て5代目セルボが登場いたしますが、曲面を多用したエクステリアデザインは好評を博しており、高品位な軽自動車というイメージにそぐわない素晴らしい出来ばえを見せています。
同様のカテゴリーに該当する軽自動車としては、「三菱・i」や「ダイハツ・ソニカ」、「スバル・R2」などがありますが、奇抜さのない安心して見ていられる優れたデザインは、広範囲な年齢層に対応可能であり、「セルボ」に一日の長があるように感じられます。

時代の流れがあまりにも速く、現れては消えていくモデルも少なくはない現代において、歴史と伝統を持った車名を関したモデルが復活したということは、誠に喜ばしいことであります。
スズキには、もう一つ「アルト」という大御所がおられますが、ともに切磋琢磨しあいながら、これからも末永く自動車モデルとしての歴史が続いていくことを願ってやみません。





「スズキ・セルボ」 ・・・のあれこれ
SUZUKI CERVO

「スズキ・セルボ」のオフィシャル情報
小さなクルマ、大きな未来。軽自動車ナンバーワンの「スズキ・セルボ」の公式ページです。
新型車の情報や、マイナーチェンジ・モデルチェンジ時のカタログ請求はこちらでどうぞ。グッドデザイン受賞の特別仕様車、セルボGリミテッドU等も… (改造・DIYに関する情報はありませんが、公式サイトということで掲載です)

「みんカラ」

「スズキ・セルボ」の改造・カスタムパーツ・ドレスアップなどのコミュニティ
carviewの「みんカラ」、セルボのページです。
整備手帳のページやパーツレビューのページは、DIYカスタムやメンテナンス初心者の、強い味方になります。
パーツ交換の手順確認やトラブル防止にも使えます。(中古車査定や自動車保険、新車無料見積りやカーローン(自動車ローン)など、カーライフに関するお役立ち情報は、ページ最下部にリンク有)

Goo-net

「スズキ・セルボ」のモデルチェンジ・マイナーチェンジ・グレードの情報
Goo-netの自動車カタログページです。 「セルボ」は4代目と5代目の間に8年の間隙があるためか、5代目セルボ(HG21S)のみの紹介となっていますが、「Gリミテッド」のような特別仕様車から「SR」「TX」など各グレードの違いがよく網羅されており、より細かい情報は、各グレードのページで見ることができ、現行モデルに関しては、無料見積りができるようになっています。

CarSensor

「スズキ・セルボ」の中古車情報
カーセンサーによる自動車カタログのページです。
現時点での「セルボ」の中古車相場がわかるようになっており、さまざまな項目を指定可能な、中古車検索システムが特色です。

Wikipedia

「スズキ・セルボ」の歴史、CM、ウンチクなどの情報
ウィキペディアによる解説ページです。
「初代セルボSS20型」に始まり、「セルボモード」や現行車種である「5代目セルボ」まで、歴代セルボを詳細にレポートしています。これを読むと初代セルボがいかにユニークな存在であったかがよく理解できます。また、MRワゴンやKeiとの関係、OEM供給に関する誤報道など、細かいところまで言及されています





「スズキ・セルボ」 評価・試乗インプレッション
Car@nifty
CERVO
Car@niftyによる、試乗インプレッションです。(セルボ・マイナーチェンジ前)
画像と文章が別々のページに割り当てられているため、「読みながら見る」ということができないという、Webデザイン的には「悲しい構成」です。
文章的には節度を持った落ち着きのあるそれであり、安心して文字を追うことができます。 内装やインパネ部分のレポートを、autoconeのインプレと読み比べてみると面白いですが、同じ車の評論でありながら、こうも違うものかと驚かされます。
autocone
スズキ セルボ
autoconeの試乗インプレッションです。(セルボ・マイナーチェンジ前)
基本的に褒め基調であり、やたらと軽いノリと、「何々なのだ」で締めくくる独特の語感が特徴のインプレとなっています。 もうすこし落ち着きと節度を持って言葉を選べば、それなりに説得力のある文章ともなるのでしょうが、一体なんなのでしょう? …この軽さは。  インパネデザインの褒めっぷりときたら、たとえ読み手がセルボの開発者であったといえども、赤面すること請け合いです
carview
SUZUKI CERVO
書き出しの「豪邸とフェラーリと軽自動車」の話は、いささか冗長でピントずれしている感も無きにしも非ずです。「豪邸のガレージの奥に、フェラーリとセルボが鎮座していました」・・・というのであれば、まだ納得もできますが、別メーカーの軽自動車だというから拍子抜けです。
「セルボ」のマニュアルモードの軽快な操作感を評して「シフトダウンもアップも、シマノのデュラエースのようにスピーディで気持ちいい。」としていますが、自転車に興味のない人には、何のことだか全くわからない表現です。
プロの書き手としては、少々情けない「仕事」といわざるを得ないでしょう。
セルボ
オーナー
carviewによる、スズキ・セルボオーナーのインプレッションです。
実際のオーナーがレビューを投稿しており、さまざまな視点からの意見を見ることができます。
辛口意見からベタ褒めまで、さまざまな書き込みがありますが、セルボファンが多いようで、おおむね高評価のようですね。「SR」や「TX」、「Gリミテッド」など、評価対象のグレードまで記載されており、また、ユーザー毎の平均燃費が確認できるのも、ありがたいところです。
スズキスポーツ・セルボ

■  このサイトについて  ■

「スズキ・セルボ」(セルボモード)用の改造パーツを掲載しています。
( HG21S CN21/22S CP22/21S CP31/32S 等)

「エアロパーツ 他」のページでは、セルボ用の改造
ドレスアップ・カスタムパーツを掲載しています
サスペンションや車高調整キット、ブレーキやアルミホイール
などの足回りパーツ。シフトノブやインテリアパネル、シート
カバーやペダルなどの内装部品。マフラーなどの排気系パーツ
エアフィルターなどの吸気系パーツ。アイラインやバイザー、
フォグランプなどのドレスアップパーツ。アーシングキットや
カーオーディオなどの電装部品。フロント・リアスポイラーや
ウイング、フロントグリルなどのエアロパーツ。そのほかにス
ズキ純正部品などです

リンク・連絡・DIYカスタム時のご注意などについて

三菱 i      ソニカ      ミラ