マークX改造パーツ
エアフィルター マフラー スパークプラグ バッテリー エアロパーツ他
マークX

セダンが売れない時代に、そこそこ売れてしまう「マークX」
「トヨタ・マークX」 用 改造パーツ


はてなブックマークに登録   Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
マークX改造パーツ バナー


「トヨタ・マークX」 ・・・のあれこれ
TOYOTA
MARKX
「トヨタ・マークX」のオフィシャル情報
Drive Your Dreams.世界のTOYOTA、「マークX」を世に送り出したトヨタのオフィシャルサイトです。新型マークX(二代目)も登場しました。
モデルチェンジやマイナーチェンジなどの新型情報や、カタログ請求はこちらでどうぞ。
(改造・DIYに関する情報はありませんが、公式サイトということで掲載です)
「みんカラ」
MARKX
「トヨタ・マークX」の改造・カスタムパーツ・ドレスアップなどのコミュニティ
carviewの「みんカラ」、マークXページです。
整備手帳のページやパーツレビューのページは、DIYカスタムやメンテナンス初心者の、強い味方になります。
パーツ交換の手順確認やトラブル防止にも使えます。(中古車査定や自動車保険、新車無料見積りやカーローン(自動車ローン)など、カーライフに関するお役立ち情報は、ページ最下部にリンク有)
Goo-net 「トヨタ・マークX」のモデルチェンジ・マイナーチェンジ・グレードの情報
Goo-netの自動車カタログページなのですが、発売年度ごとにグレードを分け、まとめて1ページに表示させているため、モデルチェンジやマイナーチェンジの変遷が判りやすくなっています。
より細かい情報は、各グレードのページで見ることができ、現行モデルに関しては、無料見積りができるようになっています。
CarSensor 「トヨタ・マークX」の中古車情報
カーセンサーによる自動車カタログのページです。
現時点での「マークX」の中古車相場がわかるようになっており、さまざまな項目を指定可能な、中古車検索システムが特色です。
Wikipedia 「トヨタ・マークX」の歴史、CM、ウンチクなどの情報
ウィキペディアによる解説ページです。
トムスによるチューンドモデルである「スペシャルバージョン・スーパーチャージャー」(出力320ps、価格は600万円超)に関する言及や、バンパーとマフラー一体型デザインに関する推察、車名の由来に関するトヨタ公式コメント、Veltiga等、バラエティに富む話題が秀逸です。




「トヨタ・マークX」 評価・試乗インプレッション
carview carviewの試乗インプレッションです。
なかなかよくできたレビューで、掲載画像に関しても、丁寧なプロの仕事を感じさせます。
スタイリングやデザインの解説だけをとっても、「タイヤとフェンダーの隙間」などに踏み込んで言及しており、読みものとしても面白くできています。
goo gooの試乗インプレッションです。
総勢13名の自動車評論家による、試乗インプレッション。
一人一人に割り当てられた文字数は多くは無いものの、読み比べてみると結構面白いです。
両角氏は辛辣、国沢氏は的を得ている。 ・・・といった感じでしょうか?
足周り、デザイン、エンジンなど、さまざまな評論家がそれぞれに評していますが、値段に関しては、サスガに誰もケチをつけられなかったようです。
autobytel autobytelの試乗インプレッションです。
通常は「新聞記事」のような地味さを誇るautobytelのレビューですが、マークXに関しては、3名の評論家を動員して雑誌風に仕立てています。
ただ残念なのは、評論家ごとの方向性や視点に「ずれ」があるので、3つとも読むと「なんだかよくわからなくなってしまう」ところです
carview carviewによる、マークXオーナーのインプレッションです。
実際のオーナーがレビューを投稿しており、さまざまな視点からの意見を見ることができます。
辛口意見からベタ褒めまで、さまざまな評価があり、多数の投稿があります。
ユーザー毎の平均燃費が確認できるのも、ありがたいところです。




「トヨタ・マークX」 について

「マークX」のルーツ

「車=セダン」
だった頃・・

・・など

思いおこしてみれば、「マークX」は、「マークU」の後継車種でありました。

バブル景気を背景に、売れに売れたあの「マークU」・・・。
「カローラ」は、いくらなんでも「大衆車」すぎるし、ゴルフ場に乗り付けるのに恥ずかしい。
だらといって「クラウン」を所有するには、いささか実分不相応
そういった、いわゆる「中流」を、ほんの少しだけ抜けだしつつある「課長クラス層」に、こぞって買われた車であったわけです。

車という商品が、いまだ「移動する道具」という扱いから抜け出し切れていない時代であったがゆえに、ミニバンやSUVというカテゴリもさほど成熟しておらず、車=セダンみたいなところもあったものですから、商用車を除けば、誰もがセダン車を買うわけで
そしてまた、自動車のラインナップも現代のように、多岐多様に渡って広範囲に展開されていなかったために、余計に「マークU」が売れたわけです。

そうこうしているうちに、マーケットにおける「大衆」という「くくり」が、次第に薄れていまいりまして、自動車カテゴリも多様化してくるわけです。

みんなして「セダン車」を買っていたのが、それぞれの目的・用途、ライフスタイルに合わせて、ミニバン、SUV、コンパクト、軽自動車などにユーザーが流出していった結果、あれほど売れていた「マークU」の販売台数は、見る影もなくなっていったわけであります。
別に「マークU」が悪いわけでも何でもなくて、単に「みんな同じ物を買っていた」時代から、「ライフスタイルの多様化」へと変化していった、時代の流れのせいであります。

そんなこんなで、見事に一時代を築いた「マークU」は、次第に影の薄い存在へと変化していきます。

そして、2004年に「マークU」は、「マークX 」という形で新たに生まれ変わります。(2009年には、二代目「マークX」も登場しています)

名前を変えるというのは、それなりにリスクのある行為ではありますが、いつまでもバブル期の栄光を背中に背負ったまま、「あの頃」と比較され続けるのもなんですし
実際、「マークX」として新たに仕切りなおすことによって、「マークU」が販売的な成功と引き換えに背負ってしまった、「おじさん臭さ」みたいなイメージを、いくぶん若々しくリフレッシュさせることができたのではないかと思います。



いまとなっては・・・
昔のように、誰も彼もが「マークX」となることは、さすがにありません。
でもまあ、それでも「マークX」は、そこそこ街中で見かける車だったりします。

「車=セダン」の時代は、ものの見事に消えてしまいましたが
「マークU」は、「マークX 」となって、今でも熟成を重ね、走り続けているさまを目にすると
なにやら、感慨深い気もいたします。


【 補記 】
「初代マークX」で採用されていた、マフラーのテールピースをリアバンパー内に埋め込んだ「マフラーエンド一体型ディフェーザー」ですが・・
「二代目マークX」では、採用されることなく、一般的なマフラーテールとなりました。
製造時の組み立てを含めたコスト的なものもあるかもしれませんが、ドレスアップを含めたマフラー交換等を、積極的に楽しみたいユーザーにとっては、やはり不評だったのでしょう。



マークX:斜め前左 マークX:斜め前右 マークX:フロントグリル
マークX:斜め後右 マークX:リアビュー


トヨタ・マークX

■  このサイトについて  ■

「トヨタ・マークX」に適合する、改造パーツを掲載しています。
( GRX120 GRX121 GRX125 )

エアロパーツ他のページでは、マークX用のドレスアップ・改造
カスタムパーツを掲載しています。サスペンションや車高調整
キット、ブレーキパッドなどの足周りパーツ。カーオーディオやLEDな
ど電子パーツ、アルミホイール、のドレスアップパーツ。スポイラーや
フロントグリル、サイドステップやウイングなどのエアロパーツ。その
他にタワーバーやトヨタ純正部品、エアフィルターなどです。

リンク・連絡・DIYカスタム時のご注意などについて

アベンシス      アリスト