マツダ 改造パーツ
マツダ車 - MAZDA - ミニバン・SUV
MPV

- MPV -
LW//LV/LY
ミニバン黎明期を切り開き、二代目にて花開いた感のあるMPV
MPV(マルチパーパスビークル)とは「ミニバン」と同義語なので、これはある意味「デミオ」に「コンパクトカー」と名づけるようなもの。
新ジャンルを開拓した車両だけに「一度だけ」許される、いわば掟破りのネーミング。
煮詰まってくると名称を変更して「古いイメージの払拭を計る」のは、「マークX」をはじめとして枚挙に暇(いとま)が無いのではありますが、MPVの名前だけは、おそらく変ることは無いでしょう。
ビアンテ

- BIANTE -
最広空間 ビアンテ
個性的なエクステリア、広い室内、3ナンバー、i-stopも有り マツダもいろいろと頑張っております。
C1プラットフォームをハイトールミニバンに仕立てると、こうなるわけですね。
ハイブリッド車のラインナップが無い中、i-stopは、マツダにとって大きなアピールポイントかも?
プレマシー

- PREMACY -
LW//LV/LY
ホンダ・ストリームとトヨタ・ウィッシュが火花を散らしている中で、蚊帳の外で一人遊びをしていた感のある「プレマシー」
ヒンジドアをスライドドアに変更し、ボディサイズを拡大したりと、少々趣向変えしたために、アイシスやラフェスタが直接的なライバルとなってきました。
ZoomZoomのマツダですから、「100m運転すれば、走りの良さが判る」・・というのは、判らないではありませんが、「見込み顧客を100m試乗させる」ところまで持っていくのは、ある意味とても大変なことです。
CX-7

- CX-7 -
ER3P
下手なスポーツカーよりAピラーが寝ているCX-7
RX-8のデザインを意図的に踏襲し、スポーツマインド溢れるモデルであることを外観からも強く感じさせるSUV車。
北海道のような雄大な環境で、豪快に走らせたい一台です
マツダ車 - MAZDA - コンパクト・セダン・スポーツ
デミオ

- DEMIO -
DW/DY
日本のコンパクトカー市場を開拓した功労者であるにもかかわらず、「国産コンパクトカー御三家」という呼称の範疇には入っていない、可愛そうなデミオ
できのよい車なのに、マーチ・ヴィッツ・フィットのライバル達に今ひとつ水を空けられてしまうのは、初代デミオの道具然としすぎたイメージを、なかなか払拭できないからなのでしょうか?
・・・と、思っていたら、とてもできの良い新型(三代目)が登場しました。
ベリーサ

- VERISA -
DC5W/DC5R
どことなく、MINIっぽく見てしまうのは、立ちの強いAピラーのせい?
プレミアムコンパクトという市場の隙間を突いたコンセプトながら、いつの間にかライバル車も多くなってしまったベリーサ。 「ほんの少しでも稼げそうなところは、他メーカーも放置してはおきません。」というところでしょうか?
街中ではそれほど見かけませんが、オーナーの評判は高いようです
アテンザ

- ATENZA -
DW/DY
走りに関する素性のよさが、自動車評論家に高く評価されているアテンザ
惜しむらくは、一般消費者が自動車を評価する際に、「走り」を以前ほどには重視しなくなってきていることでしょうか。
カーオブザイヤーなどの「賞」や自動車評論家だけではなく、もっと消費者に評価されていい1台
アクセラ

- AXELA -
BK
アテンザと同様に、自動車評論家には恐ろしく受けの良いアクセラ
いかに素晴らしい商品でも、それがイメージとして上手に消費者に伝わっていかなければ、なかなかベストセラーにはなりません。
いいモノができているのですから、後はしっかりとしたイメージ戦略で、一般ユーザーにも評価を確立したいものです。
ロードスター

- ROADSTER -
NC/NB/NA
MPVと同様、いやそれ以上に「そのまんま」のネーミングをしてしまったロードスター
ロードスターのような車が、自動車ビジネスとして成功するには、「それが素晴らしい車であるか」ということだけでなく、「景気が良く、なおかつ拡大傾向が継続している」ということが重要になってきます。
一時期の景気低迷から脱しつつあるとはいえ、依然新車販売台数は低迷し、中古車に人気が集まる現在では、ロードスターにとっては厳しい外部要因が続いている と、いわざるを得ません。
セリカやインテグラなど、所謂「スポーツ車」の生産終了が続く中で、より趣味性の高い「ロードスター」を、「マツダ」はどのように扱い、位置付けていくのか、注目されるところです。
RX-8

- RX-8 -
SE3P
4人がしっかり乗れるにもかかわらず、素晴らしいドライバビリティを秘めているRX-8
「新型RX-7の開発にゴーサインが出るかどうかは、RX-8がヒットするか否かにかかっている。」 と、語った自動車評論家がおられました。
黙っていても、お約束でスポーツタイプ車の新型開発予算が降りるような時代は終焉を告げ、いつのまにか「スポーツ車」は「一部のマニアの為の車」になってしまいました。
「親会社のフォード」さん、お願いだから「うん」と言って下さい。
AZ-1

- AZ-1 -
PG6SA
今となっては、存在したということ自体が奇跡のような車、AZ-1
他の自動車メーカーと、どこか異なるマツダのアイデンティティは、AZ-1にも遺憾なく発揮されていました。
オーナーの方は、維持が大変かもしれませんが、どうぞ大切にされてください。


整備情報のページ

このページの先頭に戻る