ダンパー交換

カーメンテ・DIY改造 TOP


ダンパー(ショックアブソーバー)の交換です。
作業前の足回りの印象ですが、高速道路で大きめにうねった路面を走行すると、ふわっとした走行感を感じることがありました。

横Gがかかってロールしたときも、もう少し "粘り腰" があれば良いのですが、すこし "なよなよ" とした感じです。

今回は、スプリングコンプレッサーを持っていないので、スプリングやシムには手を加えずに現状を維持し、ダンパー本体アッパーマウントブーツバンプラバーを交換予定です。

ダンパーの選択ですが、スポーツ仕様のバンパーを選択して、ごつごつした乗り心地になるのは、個人的にNGです。
ベンツらしい "長時間走っても疲れ知らずの脚廻り" でいきたいと思います。

いろいろと検討した結果、 "MONROE" 社の "Reflex" というダンパーを採用することにしました。

 "MONROE" では、ダンパー以外にも、ブーツとバンプラバーをセットにして "プロテクションキット" という名称で販売しています。 またアッパーマウントは "マウンティングキット" として販売されていました。

ちょうど良いので、ダンパーからアッパーマウントまで、まとめ買いです。
今回は交換部品のすべてが "MONROE" 製となりましたが、おかげで出費をかなり抑えることができました。




購入したリアダンパーを広げたところです。

リアに関してはバンプラバーやブーツが標準付属していました。
ゴムブッシュやワッシャー、ナットも付属です。

よしよし、至れり尽せりだね・・・と思いましたが、一点気に入らない点が…

ゴムブッシュの大きさが、純正品よりも小さいのです。

これは安定感の不足を招きそうで、少し残念です。

純正品を外した後で判ったために、部品を手配する時間の余裕がなく、この部分だけは使い古しの純正品をあてがう事となりました。



右側のリアタイヤを取り外してジャッキアップしたところを、後ろから写しています。

ダンパーからオイルが滲んでいるのが判ります。

完全にダンパーが抜けているわけではありませんが、これでは "ふわふわ" 感が出たとしても不思議ではありません。
ちなみにダンパーの良否の判断ですが、Haynes のマニュアルによると以下のようになっています。

”一般的に言えば、車の角を押して1回で元の位置に戻って停止すれば正常である。
数回上下に揺れるようであれば、サスペンションストラット/ショックアブソーバーの不良が考えられる。”


 …な、なんと原始的なテストなのでしょう !
私の車両では、フロント側は合格でしたが、リア側は1回では納まらずに "おつり" がきました。



リアダンパーの新旧比較です

黒い方が純正品、灰色の方がモンローの新しいダンパーです。
(ちなみに、このように地面にパーツを置くのはお勧めできません。)

言い訳がましいですが、ダンパーを外すのにかなり体力を消耗してしまい、 "へろへろ" になっていた私は 「細かいことは、もうどうでもええわ」 モードに入ってしまい、このようないいかげんなことをしています。

おかげで、画像もろくなものが取れておらず、私自身、後から画像を見ても作業手順を思い出せない状態です。

ご覧になっている方々も 「これでは作業手順がわからーん!」 と、お思いになると思いますが、なにとぞご容赦ください。



"へろへろ" になりながらも、ダンパー装着です。

初めての作業だったので、かなりてこずりました。
リアダンパーを取り外すには、どうしてもダンパーを縮めなくてはなりません。
ダンパーが伸びた状態では、サイズが長すぎて、どうやっても抜けないのです。
(フロント側は、そんなことは無かったと記憶しています。)

ダンパーを押し縮めた状態で取り外すだけなのですが、一人でやるとなるとなかなかの難作業で、ダンパーが伸びてしまわないうちに、一瞬の早業で取り外す必要があります。

何度ダンパーを縮め、取り外しを試行錯誤しているうちに、腕がパンパンになって力が入らなくなります
昔、通信販売で売っていた "ブルーワーカー" が、なぜか思い出されました。

結局ジャッキを使ってなんとかしたような覚えがありますが、あまりよく覚えていません。スミマセン
(えらく疲れた事だけは、よく覚えています。)



こちらは取り外したフロントダンパーの上部です。

私も相当疲れていましたが、ブーツやバンプラバーも "お疲れさん" 状態ですね。

使用期間は、約12年間/約10万q

まさに "ぼろぼろ" になっています。



フロントダンパーの新旧比較です。


バンプラバーは、経年劣化で弾性が失われ、変色すると同時にボロボロに崩れています



同じくフロントダンパーの新旧比較(全体像)です。




ご老体になってしまった、取り外し前のアッパーマウントです。


ゴム部分が、劣化してひび割れています。




取り付け後の新しいアッパーマウントです。

純正品ではありませんが、材質、寸法などにも問題なく、しっかりと取り付けることができました。
充填合わせ面の一部に、バリ状の「ひれひれ」がありましたが、特に気になるものではありません



取り付けた後は、もちろん 試乗 です


「うーん これが、ベンツ本来の "走り" かぁー」
一言でいうと、 "ふらふら感" 、 "へなへな感" が無くなり、びしっと走るようになりました。
スポーツ性の高いフィーリング、というわけではありませんが、ノーマル・中庸の走り心地です。
路面の応答性と、衝撃の吸収性も、いい具合にバランスしています。

横Gをかけると、それなりにロールしますが、加重に応じてロール具合がぴたっと決まるため、外側のタイヤにしっかり加重が掛かり、安定した走行感があります。

少しでこぼこの有る坂道を登る時にも、不快な突き上げを和らげながらトラクションを維持するので、 思い切ってアクセルを踏み込むことができ、「よーく仕事しているナ」 という印象を感じさせてくれます。
また、数100`走行すると馴染みが良くなるようで、さらに感触が良くなりました。
今では、乗るたびに "いい走り" を堪能することができ、"ご満悦" です。

(今回の感想は、消耗した純正ダンパーとの比較インプレッションですから、絶対的な評価とはなり得ません。あくまでも、参考までにお考え下さい。)



[  費 用  ]
部 品 名 称メーカー単価個数合計金額
"Reflex"ショック1台分(4本)MONROE\39,0001セット\39,000
マウンティングキット(1個入)MONROE\4,4002個\8,800
プロテクションキット(2個入)MONROE\2,4001個\2,400

カーメンテ・DIY改造 TOP
2013年5月15日