上の階層へ移動

ATOTO A6 S8 F7 比較と違い

最終更新日: 作者:月寅次郎

ATOTO A6 S8 F7 比較と違い

カーナビ・選び方

このページでは、ATOTO製カーナビのA6・F7・S8シリーズの違いについて解説します。
(Standard、Performance、Ultraの意味等も言及)

ATOTO A6・F7・S8の3シリーズは、どれもCarplay/Android Auto対応のディスプレイオーディオです。
ATOTO製品は、品名(型式)が英数字の羅列になっており、慣れないうちは判りづらいですが、このページを一読すれば、型式名だけで、そのモデルの概要が(おおよそ)判るようになります。

ディスプレイオーディオと、従来型地図内蔵ナビの違いや、
国内メーカーとATOTO(中華ナビ)の比較については、下記リンク先にて解説しています。(解説が長くなりましたので、別ページに分割しました)

ATOTO第2世代の解説については、「ATOTO 第2世代(GEN2)とは?」のページをご覧ください。

ATOTO シリーズ・モデル種別・OS一覧

シリーズモデル略称モデル名称OS
F7XEExtreme EditionLinux
WEWireless Edition
A6PFPerformanceAndroid
PPPerformance Plus
S8SDStandard
PMPremium
PRPro
MPMass Popularization
ULUltra
UPUltra Plus

ATOTO製ディスプレイオーディオのモデルを分類すると、上の表のようになります。

Androidを採用しているのがA6とS8で、OSにLinuxを使っているのがF7です

一部例外や重複もあり、厳密な分類ではありませんが、F7とA6シリーズがエントリーグレードに相当し、S8シリーズが上位グレード、という位置づけです。

A6とS8の大きな違い

ATOTO
AC-44P2

ドライブレコーダー
フルHD高画質

AC-4450
OBD2カー診断
スキャンツール

AC-44F5
ワイヤレスリモコン

A6シリーズとS8シリーズは、同じAndroidOSが採用されており、アンドロイドナビと呼ぶことができます。
そのため同じ範疇の製品として、同列で比較することが可能です。

低いグレードから列挙すると…
A6PF(Performance)、A6PP(PerformancePlus)、
S8SD(Standard)、S8PM(Premium)、
S8PR(Pro)、S8MP(Mass Popularization)
S8UL(Ultra)、S8UP(Ultra Plus)

 …と、なります(後の方が上位グレード)

ちなみに、A6PPはメモリ量が4GB、ストレージが64GBであり、液晶パネルもQLEDが採用されています。
この部分だけに着目して判断すると、S8MPと全く同スペックと言えるのですが、実は大きな違いが残されています。

A6とS8の決定的な違い、それはSoC(CPUを含む実装されたチップセット)です。

A6が1.6Ghz(ARM CortexA55 コア数8)に対し、S8は1.8Ghzと高速になっており、 GPUも組み込まれています

S8シリーズ売りの一つ「高速2秒起動」は、このチップセット(UNISOC 7862 コア数8)の強力さによるものです。
(バックギアに入れた時の画面の切り替わり速度や、音楽再生時の開始スピードなどにも差が出てきます)

S8がA6に比べて割高となっているのは、この部分だけは、どうやっても製品価格に跳ね返ってくるからに他なりません。

スマホの世界でもそうですが、常にサクサクと反応してくれる、ストレスフリーで快適な使用感は、いかに強力なSoCチップを使用しているかにかかってきます。

他にも、搭載しているアンプのグレードや、仮想アラウンドビュー駐車アシストの可否などもあるのですが、A6とS8の決定的な違いと言うと、このSoCチップの違いです。

週に1~2回程度しか乗車しないのであれば、A6シリーズ(もしくはF7)でも構いませんが、よく車に乗るようであれば、S8シリーズがおすすめです。

なお、F7シリーズはLinuxOSですので、A6・S8シリーズと同列に語ることはできませんが、採用されているパーツやスペック等を見る限り、A6シリーズと同等、もしくはそれ以下のグレードとなっています。

元々F7は、ワイヤレス接続に非対応だったため、あまりおすすめではありませんでしたが、WEシリーズ登場後は、予算の限られた方におすすめできる、高コスパのディスプレイオーディオとなっています。
(ただし、アンドロイドナビではありませんので、Googleプレイストアを通して、サードパーティ製アプリを自在にインストールして使うことはできません)

以前、ATOTOのカスタマーサービスに対し、
「SD、PM、PRは、それぞれ何を意味し、どこがどう違うのでしょうか?」
という質問をしたことがありますが、日本語になっていない回答しか返ってこなくて、閉口した覚えがあります
(以前の担当者の方は、そこそこ日本語ができたため、スムーズにやりとりできましたが、残念ながら退職されたため、担当者が変わっています。
現在の担当者は日本語ができないため、機械翻訳で回答文を作成しており、意思の疎通ができにくくなっています)


ATOTOの製品群は、商品説明の日本語がそもそもわかりにくく、文章も冗長で、「何がなにやら、よく分からない」と感じている方も多々おられると思います。
(さらに、公式サイトは日本語非対応です)

筆者は現在、各モデルの違いを個別に調査しているところです。
調査結果がまとまりましたら、改めてこのページを更新したいと思います。

【 追記 】
調査結果がまとまりました

各モデルを一つ一つ調査し、一覧表を作成して解説したところ、文章量もそれなりのものになりました。
そこで細かい解説については、「徹底解説」として別ページに分割しています。

QLEDとIPSの違い、DAH10Dマウントのメリット、具体的なおすすめモデルなどの詳細については、下記リンク先の「徹底解説ページ」にてご確認下さい。

(製品スペック比較一覧表は、この下にも併載しています)

ATOTO F7 一覧表

ATOTO F7シリーズ・製品スペック一覧
モデル型式サイズ画素数液晶操作容量SIM
F7
WE
F7G2A7WE 7in1024
x600
I
P
S
物理非公開
F7G2B7WE タッチ
F7G209WE 9in1280
x720
F7G211WE 10in
F7
XE
F7TYC7XE 7W1024
x600
Q
L
E
D
物理
F7G2A7XE 7in
F7G110XE 10in1280
x720
F7G211XE タッチ
※ 『操作』の「タッチ」は全面タッチパネルを意味し、「物理」は物理ボタン付きのモデルを指します。
※ サイズは画面サイズを意味します。7in = 7インチ、7W =7型ワイド、10in = 10インチ
※ 『WE』 = Wireless Edition(ワイヤレスエディション)
※ 『XE』 = Extreme Edition(エクストリームエディション)

● 関連ページ:ATOTO F7 徹底解説

ATOTO A6 一覧表

ATOTO A6シリーズ・製品スペック一覧
モデル型式サイズ画素数液晶操作容量SIM
A6
PF
A6G2B7PF 7in1024
x600
QLEDタッチ2G
+
32G
A6G2A7PF IPS物理
A6G209PF 9in1280
x720
タッチ
※ 「容量」の「2G+32G」は、メモリ搭載量3G、ストレージ容量32Gを意味します。
※ 『PF』 = Performance(パフォーマンス)

● 関連ページ:ATOTO A6 徹底解説

ATOTO S8 一覧表

ATOTO S8シリーズ・製品スペック一覧
モデル型式サイズ画素数液晶操作容量SIM
S8
LT
S8G2113LT 10in1280
x720
I
P
S
タッチ2G+
32G
S8
SD
S8G2A74SD 7in1024
x600
物理3G
+
32G
S8
PM
S8G2B74PM 7in1024
x600
Q
L
E
D
タッチ
S8G2114PM 10in1280
x720
タッチ
S8
PR
S8G2104PR-A 10in1280
x720
物理
S8
UL
S8G2A78UL 7in1024
x600
物理4G+
64G
S8
UP
S8G2109UP 10in1280
x720
物理6G+
128G
※ ATOTO公式サイトで10.1インチと表記されているパネルは、ここでは簡略して10インチ表記としています。
※ 『LT』 = Lite(ライト)
※ 『SD』 = Standard(スタンダード)
※ 『PM』 = Premium(プレミアム)
※ 『PR』 = Pro(プロ)
※ 『UL』 = Ultra(ウルトラ)
※ 『UP』 = UltraPlus(ウルトラプラス)

● 関連ページ:ATOTO S8 徹底解説

ATOTO製品、型式の意味

atoto A6G2B7PF

ATOTO
A6G2B7PF

ATOTO製品の型式の説明をするにあたって、7インチサイズのアンドロイドナビ「A6G2B7PF」を例に取り上げたいと思います。

A6G2B7PFという型式を、意味ごとに区切ると、A6・G2・B・7・PFの5つに分けられます。

それぞれ何を意味するかというと…、
A6シリーズ、G2世代、B(識別子)、7インチ、PFモデル…となります。

シリーズ名 - A6/F7/S8

A6G2B7PF 』

最初の2文字は、A6・F7・S8などのシリーズ名を表しています。

F7シリーズはLinuxをOSに使用した、組み込み型OSのモデルです。

A6シリーズとS8シリーズは、OSにアンドロイドを採用しており、いわゆる『アンドロイドナビ』です。

世代バージョン - G1/G2

『 A6G2B7PF 』

次の2文字は世代を表し、G2であれば、GEN2(第2世代)を意味しています。
G1であれば第1世代ですが、これはもう「F7G110XE」くらいしか残っていません。

ATOTOの製品開発サイクルはかなり早く、世代が古く、スペック的に陳腐化したモデルは、速やかに製造終了・販売停止・廃番となるからです。

G2 = 2021年2月以降(追記1)

ATOTOに確認を取ったところ、G2モデル(第2世代)は、「2021年2月以降に発売されたモデル」との公式回答を得ました。
「特定のチップを使用」もしくは、「特定のシステム要件を満たしている」などの回答を期待していましたが、さにあらず、以外に拍子抜けでした。

言い換えると、発売時期が前後しているだけで、システム上のこれといった違いはないとも言えます。
※ 常識的に考えると、新世代の方が従来に無い機能を持ち、新たな進化を遂げていると考えるのが普通です。
機能やシステム構成に違いはなく、単に発売時期の違いを「第1 / 第2世代」と分けて表示するのは、消費者の誤認を誘っているとしか思えず、商売のやり方としては、少々あさましいと言わざるを得ません。

G1 = 1DIN取付可能なバージョンアップ版(追記2)

元々旧世代を表す「G1」という名称ですが、2022年下半期以降に、別の意味を持つG1モデルが登場しています。
S8G1104PR-A、S8G1109UPの2モデルです。

前述のように、これまでは「G1 = 第1世代」ということになっていましたが、現状では「G1 = 1DIN開口部取付可能」という意味にすり替わっています。

これについては、

● 関連ページ:ATOTO 第2世代(GEN2)とは?

のページで詳しく解説しています。

製品識別子 - A/B

『 A6G2B7PF 』

その次の1文字は、識別子を示しています。
同シリーズ同世代同サイズ同モデルにおいて、製品を区別するための番号です。

一部例外もありますが、『A』なら「物理ボタン付き」、『B』なら「全面タッチパネル」となっています。
※ 例:「F7G2A7WE」と「F7G2B7WE」、「A6G2A7PF」と「A6G2B7PF」など。
なお、「F7G209WE」や「A6G209PF」など、識別子のないモデルも存在します。


液晶サイズ(インチ) - 7/9/10

『 A6G2B7PF 』、『 A6G209PF 』

その次の文字は、7、9、10などの液晶サイズを表します。

7インチの場合は、『7』の1文字ですが、9インチの場合は『09』と2文字だったりします。
また、10インチの場合は『10』もしくは『11』と表記されています。
(統一性が今ひとつで曖昧な表記となっています)
※ 10インチモデルに『11』の表記が見られるのは、ATOTOの10インチモデルは正確には「10.1インチ」であることが理由と思われます)

モデル種別 - PF/SD/UT等

『 A6G2B7PF

最後の2文字はモデル種別であり、Performance、Standard、Ultra、などの略称を、PF、SD、ULなどの2文字で表現しています。

F7 WE = Wireless Edition(ワイヤレスエディション)
F7 XE = Extreme Edition(エクストリームエディション)
A8 PF = Performance(パフォーマンス)
S8 LT = Lite(ライト)
S8 SD = Standard(スタンダード)
S8 PM = Premium(プレミアム)
S8 PR = Pro(プロ)
S8 UL = Ultra(ウルトラ)
S8 UP = UltraPlus(ウルトラプラス)

これらの型式の分類は、ATOTO製品すべてに標準化されているわけではありません。

型式が9桁の製品には、識別子とインチサイズの順序が逆になっているモデルもありますし、一部には識別子のないモデルも存在します。

ただ、シリーズ名と世代バージョン、モデル種別の3つに関しては、この分類でおおよそ識別可能です。

F7シリーズ - 新モデルの登場で魅力度UP、コスパも最強

OSにLinuxを採用し、低価格を実現

atoto F7G211WE

ATOTO
F7G2A7WE



ATOTO
F7G211WE

製品名の最初の2文字が『F7』となっているのがF7シリーズです。

F7シリーズは、OSにLinuxを使用したモデルです。
(LinuxとAndroidの違いについては、「AndroidとLinuxOS」のページで詳しく解説しています)

CarPlay/Android Auto対応ではありますが、AndroidOSではありませんので、A6・S8シリーズのように、グーグルプレイストアを通してサードパーティのアプリを自在にインストールして使うことはできません。

この部分は一つのマイナスポイントですが、そこまでの機能を使用しないのであれば、特段ネガティブに捉える必要はありません。

CarPlayとAndroid Autoに対応しており、ミラーリングも可能であれば、ディスプレイオーディオとしてはおおよそ事足りるからです

F7シリーズについては文章量が多くなったため、解説を別ページに分割しました。
下記ページをご参照下さい。

● 解説ページ:ATOTO F7 徹底解説
(F7シリーズの比較一覧表、おすすめモデルとその根拠を記載しています)

『OSがAndroid』というのと、『android auto対応』とでは、全く意味が異なります。
混同しないよう注意しましょう。

前者はオペレーションシステムを指しており、後者はアプリケーション(対応するアプリ)を意味しています。

A6シリーズ - 良コスパのアンドロイドナビ

AndroidOSで、高度なネット親和性

atoto A6G209PF

ATOTO
A6G209PF

製品名の最初の2文字が『A6』となっているのがA6シリーズです。

例:「A6G2A7PF」、「A6G209PF」

A6シリーズは、現代的なAndroidOSを使用し、コストパフォーマンスに優れたエントリーモデルです。

エントリーモデルと表現しましたが、それはあくまでもATOTO内での位置づけであり、使用しているパーツをよく調べてみると、国内メーカーの中堅~高級グレードに相当することが判ります。

また、組み込み型OSやLinuxOSモデルと異なり、Googleプレイストアからサードパーティ製アプリを自在にインストールできるのも良いところ。

ネット親和性が高い、現代的なディスプレイオーディオです

※ ちなみに筆者が実際に購入したのも、A6シリーズです(9インチモデルの「A6G209PF」)

A6シリーズについての解説も、別ページに分割しています。
下記ページをご参照下さい。

● 解説ページ:ATOTO A6 徹底解説

S8シリーズ - 先進的なQELDパネルを採用

atoto S8G2114PM

ATOTO
S8 Premium

S8G2114PM
10インチ
AndroidAuto
CarPlay対応
S8シリーズはATOTO製ディスプレイオーディオの上位モデル群です

A6シリーズと同様にAndroidOSを使用した「Androidナビ」です。
LinuxOSのF7シリーズとは異なり、サードパーティ製アプリを自在にインストール可能です。

A6シリーズとの主な違いは、メモリ搭載量が3G以上と多めのこと。
(LT(ライト)モデルを除く)

また、先進的なQLEDパネルを採用していることも特徴の一つです。
(LT(ライト)、SD(スタンダード)を除きます)

また、S8シリーズの中でも上位モデルに相当する、PR(プロ)、UL(ウルトラ)、UP(ウルトラプラス)については、セルラーモデムが内蔵されており、SIMカードを刺せば(スマホを介さずに)製品単体でも通信可能です。

なお、S8シリーズには、Lite、Standard、Premium、Pro、ULTRA、ULTRA Plus の、6種類のモデル種が存在します。

外観もよく似通っているため、製品識別自体が難しく、自分の要求性能に見合ったモデルを見つけるには、各モデルのスペックを一覧表にして、よ~く眺めて比較する必要があります。
(そのくらいややこしいのがS8シリーズです)

S8シリーズの解説、選び方、おすすめ機種については、下記ページをご参照下さい。

● 解説ページ:ATOTO S8 徹底解説
(S8シリーズのスペック比較一覧表を掲載しています)

用語解説:CarPlayとAndroid Auto

ディスプレイオーディオ、Androidカーナビ(用語解説)

チップセット、メモリとストレージ(エントリーグレードと上位機種)

国内メーカー
AndroidAuto
CarPlay対応の例
パイオニア
カロッツェリア
DMH-SZ700


FH-8500DVS

ALPINE
DAF11Z

11インチ
ハイレゾ対応
価格的に手の届きやすいA6シリーズと、上位機種となるS8シリーズは、どちらを選ぶべきでしょうか?

ATOTO製品のスペックを比較してみると、Aシリーズ(標準タイプ)のメモリ容量は2Gに対して、上位機種であるSシリーズは3Gとなっています(4Gのモデルもあります。2023年にはメモリ6GB+ストレージ128GBのモデルまで登場しました)

このように、Sシリーズの上位モデルは非常に高いスペックを有しています。
一方で、「そこまでのスペックが必要か?」という視点も重要です。

基本的には「価格的競争力の高いA6シリーズでも、充分使える」だというのが個人的な見解です。
メモリ2Gでも、それなりにサクサク動いてくれます。特に不満を感じることはありません。

ディスプレイオーディオは、一種の受像機のようなもので、スマホと接続して使用した場合、スマホ側のスペックの方が物を言います。

特に、CarPlayやAndroid Autoを使用する場合は、ナビ側(ディスプレイオーディオ側)は、スマホから送出された映像や音声を投影しているだけに過ぎません。
(完全にそうではありませんが、それに近い状態になります)

そのため、受け手であるディスプレイオーディオ側は最低限のCPUパワーがあれば充分となり、送り出し側のCPUパワーの方が重要となるのです。
ちなみに、ナビアプリを使用の場合、GPS電波はスマホ内蔵のGPSはアンテナで受信しています(車両側ではありません)
経路や地図、現在位置の表示も、スマホ側が主体となって計算・表示させています。


ですので、予算の振り分けは、ディスプレイオーディオ(DA)よりもスマホの方に割り振る方が賢い選択となります

ディスプレイオーディオを標準グレードとすることで節約した予算は、スマホの買い換え費用に回して、スマホ側のCPUパワー(及びそのストレージ)に割り当てた方が賢明です。

もちろん、湯水のようにお金を使えるセレブの方や、毎日8時間以上車に乗車する方はこの限りではありません。
特に、長時間車上におられるトラックドライバーの方や、自家用営業車両が自分の仕事場だという方は、最上位グレードを選択するのもおすすめです。
(もしくは、ミドルグレードあたりを購入して、数年程度の短期スパンでナビを入れ替え、常に最新機種に切り替えながら使うというのも良いでしょう)

ATOTO製品一覧(amazon)

細かい部分を言うと、上位機種はリアビューカメラのバリエーションが多彩だったり、駐車支援システムに対応していたりしています。

また、後部座席のお子様のために、後部シート用ディスプレイを設置する場合は、ビデオ出力の多彩な上位機種の方がおすすめです。

また、ドライブレコーダー併用の場合は、F7シリーズではなく、AndroidOS搭載のA6/S8シリーズがおすすめです。
ディスプレイオーディオとの連携が可能で、基本操作や動画の閲覧を、ナビ側大画面で行うことが可能となるからです。

お目汚し失礼いたします
※ 当サイトのコンテンツは、独自の調査に基づき、かなりの時間と労力をかけて執筆されています。
まとめサイトや、こたつ記事への転用はもちろんですが、無断転載等を禁止します。
また、YouTuberの皆さんにも釘を刺しておきますが、当サイトのコンテンツを換骨脱胎し、あたかも自分の知見のように語るのは止めてください。

著者プロフィールの下の方にも書いていますが、パクリに対しては、積極的に実費請求や警告を行っています。
悪質な業者に対しては(著作権侵害の事例ではありませんが)通産省や行政機関に協力を依頼し、新聞記事に掲載した事例もあります。

なお、当サイトの説明には、一部筆者が作成した用語が含まれています。
これは、説明をわかりやすくするための措置ですが、公式にはそのような呼称は用いられていないものも多々あります。
(ですので、パクるとまるわかりです)


次ページ: ATOTO 第2世代(GEN2)とは?


DIYカーメンテ に戻る

サイトのトップページ