ステアリングスイッチ

最終更新日: 作者:月寅次郎

ステアリングスイッチ

ステアリングスイッチ

ステアリングスイッチ(ハンドルに付いているリモコンボタン)の接続、設定などの記録です

ステアリングスイッチの配線

ナビ・配線
ステアリングホイールスイッチの配線ケーブルは、メイン電源用20Pカプラ(オーディオハーネス)に接続します。

上の画像の4番がSW1、12番がSW2、13番がSW用アース(GND)です。

メイン電源ハーネス(オーディオハーネス)の自作については、下記ページに記載済みですので、そちらをご覧ください(購入・選定時の注意も併載)

● 関連ページ:カーナビ専用ハーネスの自作

当初、ステアリングスイッチの1と2の配線をどう区別するのか悩みましたが、ATOTOに確認したところ、
「設定時にソフト側で学習・固定するため、SW1とSW2の配線は、4番と12番のどちらでもOK」とのことでした。

※ 12番配線は(上の画像の説明書では「空き」となっていますが)このようにステアリングスイッチ配線が2本ある場合に使用されます。

ナビ取付
SWCセットアップ(上の画像のハンドル型のアイコン)でステアリングスイッチの機能指定を行うと、スイッチに対応する機能が記憶され、実際に使えるようになります。

この車両の場合は、音量操作と楽曲の送り/戻し等が、ハンドル上のスイッチで操作可能となります。

ナビ・設定
「設定」→「一般」→「セットアップステアリングホイール」でも、同様に設定画面に移動可能です。

ナビ・設定
こちらがステアリングホイールの学習(設定)画面です。

実車の物理ボタンを長押しし、それに当てはまるアイコンをタップすると、物理ボタンと特定の作動が紐付けられ、ステアリングホイールスイッチの学習が完了します。

このスバルXVの場合、音量の大小、曲の送り(戻し)、音量ミュート、ソースの切り替え(SRC)を設定しています。

ステアリングスイッチ
スバル車・MODEボタンの設定について
(参考車両としてXVを使用していますが、レヴォーグ、フォレスター、インプレッサ、BRZなど、スバルの同じハンドルスイッチ装着車についても参考になるかと思います)

この車両の場合、MODEボタンの本来の機能は、「FM→AM→CD→AUX」という循環切替ですが、全く同じソース入力の切り替えができるわけではありません。
(そもそもA6PFにはCDプレーヤーが実装されておらず、入力可能なソースが異なります)

A6PFの「SRCボタン」(Source/ソース)の作動は、
「Radio→Bluetooth Phone Call→Music→Video→Bluetooth Music」となっています。
(ATOTOに質問したところ、上記の回答が得られました)

ステアリングスイッチ
こちらが実車のステアリングスイッチです。物理ボタンによる一種の有線リモコンです。

ハンドルから手を離さずに操作できるというのは、便利なだけでなく、安全性が高まります。
個人的には、無くてはならない機能です。


● 次のページ「リアビューカメラ



DIYカーメンテ に戻る

サイトのトップページ