Carplay、ディスプレイオーディオ、Androidナビ(用語解説)

最終更新日: 作者:月寅次郎

Carplay、ディスプレイオーディオ、Androidナビ(用語解説)

Carplayとは

Carplayとは? Android Autoとは?
ディスプレイオーディオとAndroidカーナビの違いは何なのか、用語解説です

当ページの執筆にはそれなりの時間と手間がかかっています。(他のページと同様に)無断転載等を禁止します
(書いているうちに長くなりましたので、別ページに分割しました)

用語解説:CarPlayとAndroid Auto

Apple CarPlay

Carplayとは

CarPlay(カープレイ)は、iPhone等のApple端末機器と、カーナビ(ディスプレイオーディオ)を接続し、連携作動させるための機能です

開発はApple、正式発表は2014年ですが、対応する端末はiPhone5以降となっているため、かなり古いiPhoneでも作動は可能です(iOS7.1以降に実装されています)

CarPlay(Apple公式)

CarPlay(Wikipedia)

Android Auto (Google)

Googleが開発したAndroid Auto(アンドロイドオート)は、CarPlayと同様に、Android端末をカーナビと連携して使う機能です

Android Auto(Google公式)

Android Auto(Wikipedia)

CarPlayとAndroid Auto

Carplayとは

CarPlayもAndroid Autoも、カーナビ(ディスプレイオーディオ)とモバイル端末を接続し、多種多様なスマホ機能を車両側の機器で活かすための、一種のユーザーインターフェイスです

これらは、スマホをカーナビと接続・連携して使う機能ではあるのですが、実質的にはナビゲーション機能や音楽ソースの再生コントロールをスマホ側のアプリが担うことから、従来型カーナビに実装されている機能を、モバイル端末が肩代わりするプログラムとも言えます。

「肩代わり」と言えば体が良いですが、言い方を変えると「骨抜き」にしているとも言えます。
スマホ側で主要な機能が代替可能であれば、従来型の高価なカーナビに存在意義は無くなってしまうからです
実質的に、地図画面を映し出す『モニター』と、スピーカーを駆動する『アンプ』があれば良いだけとなります

そのため、CarPlay/Android Auto対応カーナビは、(ナビ機能が実装されている場合でも)ディスプレイオーディオ(DA)と呼称されることも多いです。

ディスプレイオーディオ(DA)

ディスプレイオーディオとは

CarPlayやAndroid Autoの登場により、従来の地図内蔵型カーナビが担っていた機能は、モバイル端末を接続・連携することで代替可能となりました

音楽データの保存と再生機能は、スマホアプリに実装されており、経路検索や道案内などのナビゲーション機能も、充分実用の域に達しています。
(部分的には凌駕していると言っても過言ではないでしょう)

そのため、車両側の『機器』は、スマホから送られてくる映像信号をモニターに映し、音声信号をスピーカーから再生させるだけで済むようになりました。

そうなるともう、地図データを内蔵したり更新したりする必要はなくなります。また、最適経路を計算・選択するプログラムも、もはや自社開発する必要はありません
GoogleナビやYahooカーナビなど、スマホ側のアプリが、代りにやってくれるからです。

そのような背景から、「ナビ機能を搭載しないカーナビ(としか言いようのない製品)」が発売されるようになりました。
とはいえナビゲーション機能を無くしたわけですから、さすがに「カーナビ」の名称で販売すると色々と問題が生じてきます。
(外観はどうみてもカーナビなのですが、何しろナビゲーション機能が実質的に無いわけです。さすがに「カーナビ」とは自称できません)

結果として生まれた用語が「ディスプレイオーディオ」です
名は体を表すというか、そのまんまの名称です。

先の説明で、「実質的に、地図画面を映し出す『モニター』と、スピーカーを駆動する『アンプ』があれば良いだけ」…と、書きましたが、『アンプの付いた車載型モニター』という意味合いから、ディスプレイオーディオと呼ばれます。
(『DA』は、ディスプレイオーディオの略称です)

というわけで、語弊を恐れずに言ってしまうと、「外観はカーナビではあるものの、ナビ機能や地図データを持たない車載用モニターが『ディスプレイオーディオ』です。

言葉の意義面から捉えると、「ステレオアンプの付いたモニター」という意味となります。

KENWOODはモニターレシーバー、PioneerはAVメインユニット

パイオニア
カロッツェリア
FH-8500DVS

AndroidAuto
CarPlay対応


KENWOOD
DDX5020S

AndroidAuto
CarPlay対応
このようにディスプレイオーディオは、言ってみれば「ナビ機能を取っ払ったモニター付車載機器」とも言えるものですが、この呼び名は「業界標準の統一呼称」とまではなっていません。

そのため、各社それぞれに独自の呼び方をしています。

例を上げると、KENWOODは「モニターレシーバー」という名称を使用しています。
モニターレシーバー製品一覧(KENWOOD公式)

また、carrozzeria (パイオニア)は、「AVメインユニット」と呼称しています。
AVユニット製品一覧(Pioneer公式)

ディスプレイオーディオは、従来の地図内蔵型ナビを駆逐する勢いでシェアを拡大・発展中の商品であり、マーケット的には未成熟で成長途中の部類に入ります。

そのため、商品呼称も各社ばらばらのまま独自の呼称を付けている状態です。

アンドロイドナビ(Androidカーナビ)

アンドロイドナビ(Androidカーナビ)

アンドロイドナビという呼称は、『ディスプレイオーディオ』と同義的な意味合いで使われる場合が多いですが、厳密に言うと違いがあります

アンドロイドナビは、AndroidOS搭載のカーナビを、そうではない従来型独自OSナビと区別して呼ぶための呼称です。
(ナビ機能を実質的に搭載していない機器も多いですが、ここでは割愛します)

AndroidOSを前提とした呼称ですので、OSがLinuxであったり、自社カスタマイズの作り込みOS(独自OS)であった場合は、(CarPlayやAndroid Autoに対応していたとしても)アンドロイドナビとは呼ぶには支障があります。

ATOTO
F7G2A7XE
LinuxOS
例を上げると、ATOTO F7シリーズはLinuxOSですので、アンドロイドナビとは呼べません。ディプレイオーディオと呼ぶ分には問題ないですが、AndroidOSではないため、語弊が生じます。

また、KENWOOD彩速ナビは、OSにLinuxをカスタマイズしたものを使用しており、こちらもAndroidナビではありません。(ちなみに2012年までは、OSにWindows Automotiveを使っていました)

carrozzeriaも従来型ナビにWindows Automotiveを使っていたということですが、「オープンソース系OSの独自カスタマイズ品」を使用しているという情報もあります。

一方で、現行型サイバーナビのOSはAndroidが採用されているとの情報もあります。(ただ、あくまでもAndroidがベースであって、独自カスタマイズの度合いが強いため、これはもう「独自OS」の範疇に入るでしょう。

このようなことから、国産メーカーのディスプレイオーディオ(モニターレシーバー/AVメインユニット)は、アンドロイドナビの範疇には入らないものがほとんどです。

OSのベースがたとえAndroidだったとしても、独自の作り込み部分が多いため、Android機を使っている印象が薄いのです。
(携帯電話の世界もそうでしたが、カーナビ製品においても、国内メーカーは独自性と差別化を図ろうとするあまり、製品が『ガラパゴス化』しており、一般的なアンドロイド端末のような統一された操作インターフェイスが感じられません)

アンドロイドナビ(Androidカーナビ)

ATOTO
A6G209PF

一方で、ATOTOを代表とする中国メーカー製ディスプレイオーディオは、(Linux機を除けば)Androidカーナビの代表とでも呼べるものです。(実際に使ってみると判りますが、あたかもAndroidタブレットでも使用しているかのような感覚を受けます)

どこからがアンドロイドナビで、どこからがアンドロイドナビでないかというのは、厳密な線引きの難しいところですが、個人的にポイントとして考えているのは…、
Googleプレイストアからアプリを自由にダウンロードでき、あたかも(電話機能の無い)Androidスマホのように使うことができる」という点です。

これが可能かどうかが、Androidナビと呼べるか否かの分かれ目であり、使い勝手が大きく変わるポイントです。

車で使っているアプリのページを見ると解りますが、Androidナビは、交通や天気などの運転に直結するアプリから、YouTubeやAmazon Prime Videoなどのエンターテイメント系まで、さまざまなアプリを、スマホと同様な操作感で使用することが可能です。

このようなアプリとの親和性があって初めて、Androidナビと呼べるものです。

ただ単に、CarPlay/Android Auto対応機能が必要なだけであれば、国産メーカーのディスプレイオーディオでも構いません。
ですが、車内でもスマホと同様のネット環境を構築し、アプリを自由自在に使いたいという場合は、ATOTOに代表されるアンドロイドナビを選択するのがベストです。
(わたしがATOTO機(A6G209PF)を選択・購入したのも、そのポイントが決め手になっています)

ATOTO製品一覧(amazon)



DIYカーメンテ に戻る

サイトのトップページ